fc2ブログ
母からも美味しいと褒めてもらえる料理が2つある。
その1つがとろろ焼き。
居酒屋でいただいた料理が美味しかったので再現を試みた結果、案外簡単に作れることが判明した。以来、たまに作っている。
昨夜は母が外出していたので、父に振舞ってみた。

【とろろ焼き】(1人前)
《材料》
・卵…1個
・長芋…卵の約1.2倍(※皮を剥いて摩り下ろした量)
・青葱…適量(※なくてもいい)
・油(※サラダ油でもオリーブオイルでも)…適量

《作り方》
①ボウルに卵を割り入れ、長芋の皮を剥いて摩り下ろす。長芋の量は卵と同じくらい~1.3倍が目安。分量は適当でいい。
②葱を入れる場合、小口切りにする。分量外の長芋を小さなサイコロ状に切って入れると、さくさくした食感になる。
③①に②を入れてよく混ぜる。
④小さめのフライパン(と言うか、片手鍋?)を火にかけて油を引く。この時、フライパンの側面にも油を引いておく。2cmほどの高さまででOK。
⑤フライパンが充分熱くなったら、濡れ布巾をフライパンの底に当ててじゅっとやる。
⑥弱火にしてからフライパンをコンロに戻し、③を全部流し入れてすぐに蓋をする。
⑦蓋をしたまま20分程度弱火にかけ、側面が狐色になったらできあがり。
⑧側面がフライパンに引っ付いていないか確認し、適当な大きさの平皿をフライパンに当てて、ほいっと引っくり返す。
⑨お好みでソースやマヨネーズ、青海苔や鰹節を掛けて召し上がれ。
(※マヨネーズとか鰹節をかけるとお好み焼きそっくりになってしまうので、写真のはソースと青海苔で仕上げてあります。)
とろろ焼き151121_320px
コツは④でちゃんとフライパンに油を馴染ませることと⑤でフライパンをいったん冷ますこと、そして蓋をちゃんと閉じて弱火でじっくり加熱すること。これさえ守れば基本的に失敗しない。
欠点は時間が掛かることと、一度に大量に作れないこと。
大きなフライパンを使えばいいのかもしれないけど……、上手く引っくり返す自信がないんだよなあ。
スポンサーサイト



2015.11.22 Sun l レシピ l top