fc2ブログ
あけましておめでとうございました。
実はこの記事を書いたのは1月なのですが、
「1週間ほど寝かせてから推敲しよう」
と思って下書き保存したあと、私事でばたばたしていたら2月になっていました。
うそだろ……って私が一番びっくりしてます。時の流れが速すぎる……

閑話休題。

年明け早々、高田崇史先生からとんでもないお年賀が届きました。
猿田彦の怨霊』のサイン本です!
しかもお香(?)の上品な香りつき!!
うれしくてうれしくて、毎日においをかいでは「まだにおう♪」って悦に入っていました。
高田先生、本当に有難うございます!



奈良が舞台とのことで、
「知ってるとこなら解像度高めに楽しめていいな♪」
とうきうきしながら読み始めたのですが、知らないことのオンパレードで絶句しました。
(補足:私は読書中、脳内でフルカラー動画が再生されるタイプです。
知らない場所が舞台になっている場合も、脳内で勝手に映像が作られます)

元興寺は人の少ない平日に境内に入ったことがあるし、庚申堂も「へぇ、意外と小さいな。しかも入れんのか」って興味深く眺めたし、猿田彦神社の前を通ったこともあったのに、こんなに細かいところまで見ていなかった……!
これが「見てはいるけど観察してはいない」というやつかと愕然としました。

詳しくはネタバレになるので書けないのですが、皇位継承問題とか日本の古代史に興味がある方はぜひ読んでほしいです。
「実はこんな裏が!?」って驚くこと必至だし、もしかすると自分の考え方や価値観が変わるきっかけにもなるかもしれません。
「歴史は勝者が作るもの」って言葉をひさびさに思い出しました。
スポンサーサイト



2024.02.06 Tue l 日々 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿