fc2ブログ
メフィスト賞の先輩作家・天祢涼先生から新刊『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』をいただきました。

ぱらぱらめくって驚きました。
スピン(しおり代わりの紐)がリボン!
おまけにフルカラーのイラストが4枚も収録されてる!
なんて贅沢な本なんだ……と絶句しました。

今回はなんと美少女のみならず美少年まで出てきます。
ついに天祢先生も美少年の良さに気付かれたか~。
しかし美少年は公共の財産であって、誰のものにもなってはならないと法律で定められているんですが、大丈夫ですか?
などと無用な心配をしながらページをめくりました。
(※「法律」と書いて「暗黙の了解」と読みます。詳しくは萩尾望都先生や長野まゆみ先生の作品を読んでください。)

美少年だと思わせておいて、実は美少女だったりするかな~と思っていたのですが、最後まで男の子のままでした。
女顔とかスカートはいてろとかいろいろ言われるのに、女装することもありませんでした。
あれだけ伏線を張っておいて女装なし! うそでしょ!?
……大丈夫です。私の脳内ではきっちりばっちり女装させられています。
私は妄想のプロだし、この本には彼が10歳、13歳、16歳の時のフルカラーイラストも掲載されているので。

実写化する場合は、小顔で綺麗な顔立ちの男の子が起用されるんだろうな。
それでもって、ドラマ用に新たなエピソードが付け加えられて、主人公が女装する羽目になるんです。
きっと悪質なストーカーを捕まえるためにおとりになるか、文化祭で男女逆転メイド喫茶をやるんですね。
ふふふ。すごく楽しみ。

いつもながら、ふざけた感想ですみません。
ミステリなので、ネタバレしないように気をつけると、どうしても妄想に走るしかなくなってしまうんです。
本の中身はちゃんと青春ミステリなのでご安心ください。
主人公は女装しないし、実は女性だったというオチもないし、推理も恋愛もしています。
天祢先生のファンもそうでない方も、私のふざけた感想は頭から叩き出して、まっさらな気持ちで本を手に取ってくださいね。
スポンサーサイト



2021.02.27 Sat l 日々 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿